桜 山 南原寺

山 南原寺は瀬戸内、遠くは国東半島も一望できる山口県美祢市、桜 山の九合目に位置する真言宗の古寺で、しだれ桜、しゃくなげ、彼岸花、紅葉、四季折々の花が咲き誇る長州路の『花の山寺』です。寺伝によると当山と神功皇后との故事にもとづき難を払う寺として聖徳太子自ら難払寺と命名され開山されました。桜 山 南原寺は神功皇后を草創とし聖徳太子を開山、花山法皇を中興とする県内最古刹の寺院です。

【ご詠歌】御仏の御法(みのり)の 花の 桜 山 宮香は四方(よも)に 現われにけり

お知らせ

サイトマップへ
ページトップへ