光明岩

光明岩全体

神功皇后ゆかりの地であり南原寺草創の場で光明岩と呼ばれている。光明岩は古代祭祀における祭場(磐座)で岩の周囲は磐境で囲われ石棒が立てられている。石棒は神々の憑代で岩の上に載せられた平たい岩は大神の舞い降りる座と思われる。発掘はされていないが周囲からは祭祀用の土器が多数出土している。

今から約1800年前、神功皇后が三韓征伐で瀬戸内海を御通行の時、山から不思議な瑞光が差すのをご覧になり武内宿祢に調査させたところ光の元は山中の岩だった。皇后は大変お喜びになり岩の下に鉾を納め「永く夷敵の難を払い給え」と祈願された。

皇后はこの地で三韓征伐の軍議もされ「評定岩」という古跡も残されている。軍議を行った場所の桜の大樹が咲き誇っていたので「あら住吉の桜山かな」とお喜びになられ、軍議の後、船木氏に命じ楠町に於いて楠の大樹で軍船48艘を建造し厚保にて兵を集め三韓征伐に向かわれたと云う。

岩屋不動明王

岩屋不動明王

旧表参道(不動坂)の岩屋不動明王。巨石の中を潜る体内潜りも出来き岩の内部は行場にもなっている。古代の巨石信仰(磐座)と修験道の行場の名残を留めている。手前の池の中には堂があったと伝えるが、今は礎石のみ残す。隣の敷地には不動堂があったと伝えられている。

馬 蹄 岩

神功皇后 馬蹄岩

岩屋不動そばの岩に残る神功皇后の馬が滑った跡と伝えられる跡。「馬滑岩」とも呼ばれており周辺には、「駒つなぎ岩」 「評定岩」 「立岩」など神功皇后にまつわる旧跡も残されている。

日吉山王権現

しゃくなげと日吉山王権現

当寺の鎮守で神功皇后の三韓征伐の際の光明岩を発祥とし比叡山の日吉山王権現と同じく山岳信仰との神仏習合の神社で藩政時代は美祢郡大田宰判と下関吉田宰判域内の総鎮守だった。往古は里に七社、山に七社の社があったとされる。現在は境内の一社のみ残る。山王権現は比叡山延暦寺の鎮守であることから南原寺は天台系寺院だったことが窺われる。

伝花山法皇御陵

花山法皇御陵

花山法皇御陵の玉石

花山法皇御陵と伝えられ昔から聖域とされていた地域で昭和56年の発掘の結果、骨壺と火葬された骨が出土し、平安期の古墓であることが判明した

経 塚 群

経塚群

古文書によると花山法皇の菩提を弔う為、毎年二季、経塚を造った記録されている。山内には無数の遺構が存在しており、昭和56年に花山法皇御陵と伝えられる古墓近くの遺構の一つを発掘した結果、平安期の滑石製の経筒が出土した。

閻魔堂

閻魔堂と桜

堂内にある閻魔像は享保年間修理と記録があるが、当初は宝物庫収蔵の十王像がまつられていたと思われる。 閻魔堂は当初境内にあったが、後に東中峠に移転、再び境内に戻された。

照葉樹林

照葉樹林

境内を囲む照葉樹林はスダジイ主体の群落で、瀬戸内の温暖な海岸地帯に生育しているスダジイ群落が海抜400m地帯に見られることは特異な事で植物の生態学上貴重なものです。 又、沿海地方に稀に見られるオガタマノキが良好に生育しているのも珍しい現象です。林内のスダジイは県内でも珍しい巨木が多く、一番大きいものは目通り5.2mの巨樹です。

ぼけ封じ観音

しだれ桜とぼけ封じ観音

昭和59年に弘法大師御入場1150年を記念して、関西から九州まで至る広域な霊場「西日本ぼけ封じ観音霊場」 が設立され当寺は第23番札所となった。